ENTRY

新入社員座談会

英語と自分の可能性を信じ、グローバル化に貢献する

MEMBER

K.Y.
2018年入社
総合政策学部卒
C.S.
2018年入社
教育学研究科卒
M.T.
2018年入社
人文学部卒
K.K.
2018年入社
教育学部卒

深く知れば知るほど、興味がわく仕事にチャレンジ

みんなはどうしてIIBCを選んだの?
私は最初、英会話教師を目指していたんだけど、もっとたくさんの人に英語と触れ合う機会をつくれる仕事ってなんだろう、と思っている時に、IIBCに出会ったのがきっかけだったと思う。
それ、なんとなくわかる! 僕も最初は英語関連の仕事をしたいと考えていて、教員とかも候補にはあったんだけど、英語を教えることだけがすべてではないのかもと思うようになって。だからIIBCみたいに、英語を普及させる仕事というのがすごく興味深く思えたなぁ。
私の場合、大学院で学習者要因について勉強していたんだけど、その中でも特にツールとしてのテストが人々にどんな影響を及ぼすのかに興味を持っていて、それが直接的な志望動機になったかな。
僕もきっかけはTOEIC® Testsの受験かなぁ。といっても、Sさんとは違ってあくまでも受験者としてだけどね。ちょうど就職活動中に受験したテスト結果に財団名が表記されていて、TOEIC Testsを実施している団体があるのだと。そこから、IIBC自体のことにも興味を持って、英語を通して日本のグローバル化に貢献しているところに惹かれたんだ。僕も教員を目指していた時期もあったんだけど、日本人の英語力を伸ばしつつ、もっと大きな範囲に影響を及ぼせるこの仕事をやってみたいと思えたんだよね。
でも意外と面接の時の雰囲気とか、先輩上司の人柄も結構決め手になったかも。面接って普通は固くなっちゃって、あまりうまく話せなかったりするんだけど、IIBCの面接官はすごく優しくて、私の話を色々聞き出してくれたのがうれしかったなぁ。
それはすごく良くわかる。しかも何が凄いって、実際に働き始めた後も、その時感じた優しさや、あたたかいイメージが変わってないってこと。みんな本当に、僕たちの成長を大切に考えてくれてるんだって思うね。

「人と企業の国際化」を目指し、それぞれの仕事に邁進する

そういえば2ヶ月間の研修を終えてからみんなそれぞれの部署に配属されたけど、今はどんな仕事をしてるの?
僕は法人普及チームで、企業向けにTOEIC® Programやグローバル人材育成に関する手法を提案する仕事をしてるよ。企業の人事担当の方と、社内の教育システムや今後の人材育成に関してかなり深い話をしていくんだけど、本当に色々な会社や考え方があっておもしろい!
私は学校普及チーム。Kさんの仕事の学校版といった感じかな。最近は中学・高校でも英語教育に力を入れたいと思っているところが増えてきているから、そうしたところをサポートしていけるのは大きなやりがいだと思う。あとは「わからないことが多い」のがすごく楽しい! わからないからこそ勉強して、それが知識やスキルになって、また知りたいことが増えていったり、なんか自分、成長してるなぁって。
自分の成長を実感できたときって本当にうれしいよね。僕はCSチームで、受験者の方からのお問い合わせに対応してるんだけど、最初は全然上手に答えられなかったり、回答に詰まってしまったりしていたのが、一件一件対応を重ねていくうちに、どんどんスムーズに話せるようになって、もっと成長したいって思えるようになったよ。
私は出納チームっていう経理を担当する部門にいるんだけど、最初はそんな専門的な仕事は絶対にできないと思ってたなぁ。でも今では周囲の先輩のサポートもあって、着実に仕事を理解しつつあるかな。さまざまな部署から支払いなどに関する情報が入ることで、IIBCやその仕事に対する理解がどんどん深まってる実感もある。縁の下の力持ちじゃないけど、絶対に必要な存在として、確かな手ごたえを感じてるよ。

今の自分にできることを全力で。スキルを磨き次のステップへ

IIBCに入って半年が経ったわけだけど、みんなは将来の目標とかキャリアってどう考えてる?
正直、まだまだ知識もスキルも足りてないって思うことばっかりだから、まずはしっかりと独り立ちして、IIBCの戦力に早くなりたいな。そのためには、今教えていただいていることをしっかりとインプットして、しかも今度はそれをアウトプットできるようにならないといけないと思う。サービスのことも営業のことも社会のことも、まずはもっともっと勉強しないと。
うん、それはすごく良くわかる。僕は元々不器用な方だから、まだまだ小さなミスが多くて…。そんな自分に対してもじっくり時間をかけて教えてくださる先輩や上司の期待に応えるためにも、一度言われたことはしっかりと受け止めて、一歩ずつ確実に成長していきたい。
僕はもっと英語を使って仕事をしていきたいかな。CSチームには外国籍の受験者の方から問い合わせをいただくこともあって、英語で対応ができるというのはとても価値のある仕事になるはずだから。そのためには、まずは日本語での対応を完璧にしつつ、スピードも上げていかないといけないから、お問い合わせ一つひとつを無駄にはできないね。
私はさまざまな部署とのやり取りが発生するから、その間に立って、部署間のやりとりをもっとスムーズに行っていけるようにしていきたいな。そのためには、知識量とアウトプット量をもっと増やさないと!
こうして同じスタートラインに立って、一緒に頑張っていける同期って本当に貴重な存在だから、色々と相談したり、時には切磋琢磨していきながら、一緒に高め合っていけたらうれしいね!

CULTURE

環境を知る