ENTRY

どうすればもっと
「わかりやすい」を提供できるか
日々頭を悩ませることが、
楽しさにつながっています

R.A. SP企画チーム 2016年入社

語学留学を経て感じた英語力の必要性
日本のグローバル化に向けた、
自分にできることを探して

IIBCに興味を持ったのは、大学時代に行った語学留学がきっかけです。最初は英語が得意科目だからという、ちょっとした興味でスタートしたものでしたが、現地での生活は、文化も違えば風習も異なり、日本での「当たり前」が全く通用しない世界。だからこそ、最低限言葉が通じるということの大切さを、身を持って体験したのです。留学した当時は、文法こそある程度理解していましたが、話すことに関してはかなり苦労しました。しかし、そうした中でも一生懸命に英語を話し、少しずつ言葉が通じるようになり、会話のラリーが続くようになるのがとても楽しかったですね。そして、こうした経験を仕事でも活かしたいという思いで就職先を探している時に、偶然見つけたのがIIBCでした。広く、日本全体を巻き込んでいけるような仕事をと考えた結果、IIBCこそがその想いを達成できる唯一の道であることを確信しました。

一つひとつの仕事が学びの場であり
成長のチャンス

責任があるからこそ、
大きなやりがいも得られる

入社後の研修期間を経て、SP企画チームへと配属されました。ここは全国で行う公開テスト実施に向けて、試験官として協力をいただく方々へ教育・研修を行っていくことがメインの役割となります。公開テストは全国で同時開催となるため、私たちがすべての現場を管理できるわけではありません。だからこそ、その現場を管轄する試験官をしっかりと育て、責任を持って運営していただかなければなりません。研修のやり方や教え方が間違っていると、最悪の場合、当日の試験会場でトラブルが発生してしまう可能性があります。そう考えると、とても責任重大な仕事だと感じますね。少しでもわかりやすく、かつ効率的に教育・研修をしていくために、動画や画像を用いたe-ラーニングコンテンツを導入したり、マニュアルを改定したり、やれることは無限にあると言っても過言ではありません。全国にいる試験官の方々にテスト運営に対する価値観を共有していくことは大変ですが、逆にそれがやりがいにもつながっています。大きなトラブルもなく、公開テストが無事終了した際に、受験者や試験官の方々から「ありがとう」という言葉をいただけた時の喜びは何物にも代えがたいものがあります。課題が見つかれば見つかったで、次の開催に向けて対策を練っていくこともできるわけですから、やればやるほど奥が深くなり、日々の仕事はとても刺激的です。

IIBCで働く意義を常に感じながら
自分が果たすべき使命を考え続ける

入社してから約2年。正直まだまだ一人前とは言えないかもしれませんが、それでも自分の成長を実感できる機会は多くあります。例えば上司や先輩と打ち合わせをする時や、提案用の資料を作成するタイミングなど、以前であれば自分の意見に自信を持てず、恐る恐る発言していたのですが、今ではある程度自信を持った状態で、自分の考えを述べることができるようになりました。それは、IIBCが掲げる理念や自分自身に与えられた使命に対する理解が深まり、自分の中に明確な「軸」ができたからだと思います。自分が担当する仕事の価値や意義というものを常に感じられるのは、IIBCならではの魅力と言えるのではないでしょうか。これからも受験者の方々に対してはもちろん、試験官の方々に対しても、どうすればより良い実施運営を目指していけるのかに頭を悩ませながら、その経験を自身の成長へとつなげていきたいと思います。

社会の変化に合わせ、
IIBC自体も変化が必要

その変化を引っ張っていける
存在になりたい

IIBCは良い意味で、ギャップの少ない会社だと思います。入社前のイメージにあった真面目な印象はそのままに、そこで働く社員一人ひとりのやりがいや働きやすさの向上に対しても、真正面から向き合ってくれる柔軟性を持ち合わせています。去年は立命館アジア太平洋大学のGCEP(Global Competency Enhancement Program)研修に参加するなど、成長の機会もたくさん与えてもらうことができました。今後、日本のグローバル化がますます加速していくことが予測される中で、IIBCとしても、それに合わせた変化を必要とされることが増えるはずです。そうした際に、これまで学んできた知識や仕事の経験を活かしながら、新事業の企画や新たな運営体制の構築など、今までよりももっと大きな規模の取り組みにも参加していけたらうれしいですね。今はSP企画チームで活動していますが、それ以外の仕事でも機会があれば積極的にチャレンジし、自分自身の視野をより広いものへと進化させていきたいと思います。

PROJECT STORY

グローバル化達成のためのマスタープランを作成せよ。

ーグローバル化戦略策定プロジェクトー