ENTRY

これまで積み上げてきたものすべてが武器に
無駄になってしまう経験は一つもありません

E.H. テスト事業普及企画室 2001年入社

これまでとは
全く異なる仕事へのチャレンジ

自分らしいキャリアの
再スタートへ向けて

IIBCに入る前は、空港でコンシェルジュの仕事をしていました。世界中のVIPをお迎えして対応する、非常にやりがいのある仕事ではありましたが、色々なキャリアにチャレンジしてみたいという想いが次第に強くなり、転職を決意しました。その際、偶然見つけたのがIIBCの募集でした。元々英語を使う仕事をしていましたし、学生時代にTOEIC® Listening & Reading Testを受験した経験もありましたから、そこで働くイメージを持ちやすく、また今までとは全く毛色の違うオフィスワークに挑戦してみたいという想いが重なり、IIBCに入団することを決めました。その際、人事部の計らいで内勤営業に近いポジションを用意していただけたのはありがたかったですね。仕事のことはもちろん、IIBC内部のことも深く知れる環境だったからこそ、その後のキャリアステップのイメージもスムーズになったように思います。

一つの仕事の経験が
次の仕事に活かせるスキルになる

入団後は、受注入力や請求書発行、試験官の手配など、さまざまな事務系の仕事を経験しました。どの仕事も一人で完結するものではなく、上司や先輩、各エリアの担当者や他部署とも連携しながら進めていく仕事は新鮮で、これまでとはまた違ったやりがいを感じたことを覚えています。そこで1年半ほど経験を積んだ後、法人を担当する営業職に。グローバル人材育成の普及を進める中で、お客様の課題を伺いながら信頼関係を築き、その課題解決に向けた独自の提案を行っていくことを通じて、仕事の難しさと楽しさを存分に味わいました。この時、事務の仕事をしていた経験が活かされましたね。協会内の仕組みがわかっているからこそ、スムーズな社内調整が可能になり、結果的に私自身の仕事のしやすさはもちろんのこと、協働で仕事に携わってくれる事務メンバーとも良い関係で仕事に取り組めたと思います。IIBCの仕事は色々な部門が互いに関係し合いながら進めていくものが多いため、他の部署や職種で身につけたスキルやノウハウを、次の現場でも存分に活かしていくことができます。幅広く、可能性のあるキャリアを描きたい人にとっては最適な環境ですね。

現場のニーズを見てきたからこそできる
新しい企画やツールの作成を

現在は、テスト事業普及企画室のメンバーとして、グローバル人材育成のための企画や営業・提案ツールの作成を担当しています。営業部門がプロダクトを売るためのプロモーション戦略を考えるのが仕事になるのですが、ここでもやはり営業の経験を随所に活かすことができています。どんなに新しい企画や先進的なツールを作り出したとしても、そもそもお客様からのニーズがなければ、その効果に期待することはできません。しかし、営業として現場を見てきたからこそ、営業が本当に欲しているもの、ひいてはお客様が本当に欲しているものをイメージした企画を立案することができるのです。もちろん、情報は常に更新されていきますから、私自身も営業担当者に同行したり、プロモーション会議に参加しながら、最新のニーズを拾う努力は必要です。ただ、そうして一つの目標に向かって、営業部門やチームのメンバー、時には部署をまたいだ沢山の人たちと一丸となりながら進んでいくのは非常に楽しく、課題が大きければ大きいほど、そのやりがいも強く感じられますね。社内外問わず、相手が何を求めているのかを知り、協力し合えるその姿勢は、IIBCだからこそ味わえる仕事の醍醐味のように思います。

英語をもっと身近な存在にするために
これからも挑戦を続けていく

日本人にとって、英語は勉強の一種であり、TOEIC Programに関してもテストの一つと思われてしまっている部分も少なからずあるでしょう。正直、私自身もそうなのですが、テストと聞くとどうしても嫌なイメージが先行してしまったりもするものです。しかし、英語力を持っているからこそできること、英語力があったからこそ得られたメリットというのは必ず存在するもので、テストそのものではなく、それらを受験する過程にこそ本当の価値があるということを、もっと多くの人に伝えていきたいと思っています。もっと気軽に、英語に触れる機会や話す機会を持ってもらえるイベントといった新しい企画も始まりました。これからも新しい企画をどんどん実施していきながら、営業とはまた違った形で、協会のミッションを遂行できればうれしいですね。チームにはそれぞれ独自の強みをもったメンバーが在籍していますから、それぞれの強みを組み合わせながら、より良い企画をこれからも考えていきたいと思います。

PROJECT STORY

グローバル化達成のためのマスタープランを作成せよ。

ーグローバル化戦略策定プロジェクトー